キャンドルが揺らめくウェディング

夕方から始まる披露宴。

キャンドルをたくさん飾ってのウェディング装花は日本では意外に少ないかと思います。

キャンドルに照らされる陰影を大切に、花や配置をデザインしました。

結婚式の装花には、新郎新婦のこだわりが詰まります。

その気持ちにできるだけ添いたい、期待を超えるものを作りたいといつも思っています。

なんども打ち合わせを重ねて、

資材を揃えて、

出来上がりは本番のお楽しみ。

私は、この結婚式の仕事がとっても好きです。

本当に美しい花嫁さんでした。

すらっとした印象の彼女には、

私がパリで出会い衝撃を受けた、このウェディングブーケがとってもよくお似合いです。

暑いシンガポールで花の状態が心配でしたが、

丸々一日、綺麗にもってくれました。

なんどこの仕事をしても、新鮮な感動をもらいます。

新郎新婦様に、そしてゲストの方々からも。

一日の終わりにいつも感じることは、花屋であることの幸運と、

素敵な仕事に出会わせてくれたお客様への感謝、

サポートしてくれる家族への感謝です。

S様、ご結婚おめでとうございます。

芍薬も霞むくらいの、とっても美しい笑顔を見られて嬉しかったです。

いつまでもお幸せに。

 

 

 

 

back